閻魔大王

黄門★じごく変(漫画)の登場人物。読みは「えんまだいおう」。蘭魔とは親族関係にある。

  • 閻魔大王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黄門★じごく変(漫画)
正式名称
閻魔大王
ふりがな
えんまだいおう

総合スレッド

閻魔大王(黄門★じごく変)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

『黄門★じごく変』に登場するキャラクター。地獄界の王。現存するすべての人間の顔を覚えているという。居城は阿鼻王殿。顔は目以外黒く塗りつぶされているが、これは威厳を保つためだという。蘭魔の父。地獄界が現世に来てしまったさい、仏法令に背き、人間界を制圧して、神仏に取って代わるという野望を抱いた。

天界・現界・冥界、すべての王になることを本願としている。地獄界全フロアの責任者に蘭魔の回収、夜魔刀の捜索、佐々木介三郎安積覚、阿修羅王の抹殺、および人間界の制圧を命令した。

登場人物・キャラクター

『黄門★じごく変』に登場するキャラクター。閻魔大王の娘。10代の少女。大地獄王庁で浄玻璃鏡を使って死者の生前の罪を確認し、堕ちるべき地獄を決定している。地獄で最も力を持つ閻魔大王の娘であるせいか、気が...

関連キーワード

『黄門★じごく変』に登場する刀。地獄界のエネルギーが封じ込められているという。元は閻魔大王の所有物だったが、閻魔大王が安積覚、佐々木介三郎、阿修羅王の抹殺指令を出したさい、秦公に貸与。さらに蘭魔が、自...

登場作品

同じ高校に通う男子高校生の安積覚と佐々木介三郎は、なぜか馬が合わず、合えばケンカになってしまう。ある日、彼らの諍いを止めようとした水戸みつくに校長を窓から蹴り出した弾みで、ふたりも窓から落ち、3人は死...