閻魔羅闍

閻魔羅闍

超劇画 聖徳太子(漫画)の登場人物。読みは「えんまらじゃ」。別称、閻王。弁財天とは親族関係にある。

登場作品
超劇画 聖徳太子(漫画)
正式名称
閻魔羅闍
ふりがな
えんまらじゃ
別称
閻王
関連商品
Amazon 楽天

概要

人類最初の死者にして、太陽の神ビバスバットの子。唾液は蛇、精液は八岐大蛇に変えることができる。輪廻転生を果たした聖徳太子を部下に捕らえさせて地獄に連行するが、共に王になりそこねた者同士ということで友情を結び、太子を地獄の摂政に据える。しかし、妻の弁財天が太子と浮気したことで嫉妬に狂い、新しい地獄を創造してそこに太子を放り込もうと企てた。

だが、釈迦が率いる地獄赤軍との全面戦争で地獄そのものが焦土と化し、弁財天聖徳太子に寝取られて失脚する。

関連人物・キャラクター

弁財天

閻王の妻である絶世の美女。地獄に連行された聖徳太子に対して最初は性欲目的で迫るだけだったが、やがて夫の閻王を捨てて太子のもとに走るくらいの恋心を抱く。地獄解放戦線との全面戦争で地獄の窯から亡者が黄泉帰りしてからは、暴徒と化した亡者たちを怨霊体操でまとめあげる。

関連キーワード

地獄赤軍

『超劇画 聖徳太子』に登場する組織。シャカ族の亡者たちによって組織され、閻王から地獄を解放しようと活動している。黒縄地獄送りにされようとしている聖徳太子を脱走させて釈迦と面会させる。その後、閻王相手に全面核戦争を挑むが、それによって地獄は崩壊した。

地獄

閻王こと閻魔羅闍によって切り開かれた世界で、恐怖の八大熱地獄や戦慄の八大寒冷地獄などがある。死霊が違法に輪廻転生しないように、霊魂管理センターが監視している。閻王は巨大な頭のような形をした大王庁にて執... 関連ページ:地獄

登場作品

超劇画 聖徳太子

聖徳太子が、一族を滅亡へと追いやった蘇我入鹿たちへの復讐のために黄泉の国から蘇り、やがて地獄も巻き込んだ戦いを繰り広げる物語。当初は史実を基にするも、やがてオリジナリティ溢れる世界観に塗り替えられた異... 関連ページ:超劇画 聖徳太子

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
聖徳太子
集団・組織
場所
地獄
logo