阿修羅一族

阿修羅一族

リングにかけろ(漫画)に登場する謎の一族。読みは「あしゅらいちぞく」。

登場作品
リングにかけろ(漫画)
正式名称
阿修羅一族
ふりがな
あしゅらいちぞく
関連商品
Amazon 楽天

概要

世界大会終了から二年後、突如現れる。数珠を首にかけ、左腕に腕輪をはめているのが特徴。不死身に等しい肉体を持っており、スーパー・ブローを受けても平然と立ち上がってくる。一族出現と同時に河合武士が阿修羅一族であることが明かされ、以後竜児達の前から姿を消す。そして再び現れた時、彼は阿修羅一族の「孔子」として竜児たちの前に立ちはだかる。

日本Jr.メンバー全員の前に現れ、彼ら全てがターゲットであるかのように振る舞うが、真の目的は竜児の持つカイザー・ナックル奪取であった。

登場作品

リングにかけろ

山口県の貧しい家庭に生まれ育った高嶺竜児は、ボクシングセンスに恵まれた姉菊をトレーナーに、日々のトレーニングに励んでいた。それは亡き父のボクシング世界チャンピオンになるという夢を実現させ、苦労をしてい... 関連ページ:リングにかけろ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
リングにかけろ
logo