阿修羅

孔雀王(漫画)の登場人物。読みは「あしゅら」。

  • 阿修羅
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
孔雀王(漫画)
正式名称
阿修羅
ふりがな
あしゅら

総合スレッド

阿修羅(孔雀王)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

血と争いを巻き起こす魔神・阿修羅の血を引く忌児として、生まれてから12年間、インドの砂漠に立つ仏塔に幽閉されていた。金髪碧眼の美少女で、純粋なる原アーリア人の容姿を備える。また、たいした戦闘訓練を受けていないにも関わらず、守護神である阿修羅王の加護により、闇の炎を自在に操ることが可能。

孔雀王が眠る地獄門を開く鍵として、六道衆のひとり大聖歓喜天に操られていたが、孔雀の身を挺した説得により心を開き、優しき少女へと回帰した。恩人である孔雀への想いは、最初は自分を救ってくれたことへの好意に過ぎなかったが、やがて思春期の少女らしい恋、そして最終的には真の愛情へと変化。

その心が終盤に孔雀を救う大きな助けとなる。

登場人物・キャラクター

高野山と対を成す密法の総本山・裏高野に属し、この世の怪異を討ち祓うことを生業とする退魔師。本名を明(あきら)という。慈空阿闍梨の愛弟子で、階級は第九階中僧都(ちゅうのそうず)。若くして守護神・孔雀明王...

登場作品

若くして腕利きの退魔師として知られた孔雀は、求めに応じて日本各地を巡り、怪異や化け物を退治する生活を送っていた。だがある日、阿修羅と名乗る少女と、彼女を操る六道衆・大聖歓喜天が現れたことで、彼の生活は...