阿修羅

クニミツの政(漫画)の登場人物。読みは「あしゅら」。坂上竜馬とはライバル関係。吾妻光明とは親族関係にある。

  • 阿修羅
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
クニミツの政(漫画)
正式名称
阿修羅
ふりがな
あしゅら

総合スレッド

阿修羅(クニミツの政)の総合スレッド
2016.02.02 14:00

概要

吾妻光明の祖父、格之進に打ち勝ったこともある腕の立つ政治参謀。基本的に顔を表に出さないため、福耳ということしか一般的に知られていない。演歌歌手・松平良太郎の参謀として新千葉ヶ崎市長選挙に関わる。選挙法違反ぎりぎりの意表を突いた戦略を得意とし、坂上竜馬不破俊一の両陣営を苦しめる。

登場人物・キャラクター

熟練の選挙参謀だった祖父の知恵と技を引き継いだ選挙参謀の俊英。高校生ながら彼の知恵を借りるために頭を下げる政治家もいる。初めは不破俊一から勧誘を受けていたが、武藤国光に才能を感じて坂上竜馬の陣営に入り...
名市長と呼ばれた坂上竜太郎を父親に持つ政治家。過去に県会議員を務めたことがあるものの、現在は政治家浪人中であり、首の回らない生活を送っていた。温和だが芯の通った人物であり、若き世代にバトンを渡すための...
衆議院議員・宇治村修造の元秘書で、新千葉ヶ崎の市長に立候補した政治家。将来の総理大臣とも言われる俊英である。隅々まで計算した綿密な作戦を得意としている。政治家として早くのし上がることを目標としており、...

登場作品

とある事件をきっかけに、日本を変えるべく政治家を目指すようになった下町のヤンキー・武藤国光は、最初に弟子入りした衆議院議員・牧原宗光の命により政治家浪人中の坂上竜馬の秘書として働くことになった。しかし...