阿弖流為

阿弖流為II世(漫画)の主人公。読みは「あてるい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
阿弖流為II世(漫画)
正式名称
阿弖流為
ふりがな
あてるい

総合スレッド

阿弖流為(阿弖流為II世)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

太古の昔に地球に流れ着いた異星人の一人。地球に生きる人々を愛する人物で、宇宙船・龍の柩が飛び立つと膨大なエネルギーの影響で地球の生命が死滅してしまうため、母星に帰ろうとする一派と対立するようになった。このため事情を知る人々からは守護神と崇められる。対立が最も激化したのは8世紀末。

母星帰還派に牛耳られた時の朝廷が、陸奥の地に龍の柩のエネルギーである龍を発見しこれを入手しようとしたことで、龍の守護神である阿弖流為は軍を率いて対抗することに。20年以上にわたり母星帰還派を退けるが、坂上田村麻呂によって苦境に立たされる。最終的に自らの首を刎ねることで龍に封印を施し、同時に自らも長き眠りについた。

その後、1200年にわたり眠り続けるが考古学者の神上龍一が龍を発掘したことで覚醒。さらに口封じのため坂上田村麻呂の手の者によって襲撃され絶命しそうになった龍一に意思を宿すことで転生する。こうして現代に蘇った阿弖流為は、長きにわたる因縁に終止符を打つため坂上田村麻呂と対峙するのだった。

牛乳をこよなく愛し、八百比丘尼や武蔵坊を従える。モデルは歴史上の人物アテルイ。

登場作品

太古の昔、宇宙を旅していた異星人の一団が、宇宙船・龍の柩が墜落したことで地球にやってきた。高度な科学力と不可思議な力を有する彼らは人類に文明を与え、神とあがめられるように。しかし異星人たちはいつしか2...