阿曇八人衆

神さまのつくりかた。(漫画)の登場人物。読みは「あずみはちにんしゅう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神さまのつくりかた。(漫画)
正式名称
阿曇八人衆
ふりがな
あずみはちにんしゅう

総合スレッド

阿曇八人衆(神さまのつくりかた。)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

『神さまのつくりかた。』の登場人物。「阿曇一族」の中でも、「七里乾房」(しちりけんぼう)という特別な場所で行うすさまじい修行の末に能力を得た8人のこと。メンバーは、羽成宣篤(はなりのぶあつ)、十八騎景経(とどろきかげつね)、小刀禰(ことね)、土門一角(どもんいっかく)、影縫いの太楽(かげぬいのたらく)鋼の郷之丸(はがねのごうのまる)、隠拓磨(なばりたくま)、十八夜(かなぎ)ら。

阿曇一族」の再興と人間への復讐のために戦う。

関連キーワード

『神さまのつくりかた。』に登場する集団。人狼の一族、人よりは神に近いとされる。海の神の末裔だったが、千二百年前、朝廷での失脚が元で山奥に追われた。今は七つの隠れ里しか残っていない。一族再興と人間への復...

登場作品

生神の少女小春は、悪神遊風稜(ゆせみ)を倒す存在「戦神子」(いくさみこ)として、神聖な力に満ちた閉鎖空間一神殿(いっしんでん)にて修行をしていた。しかし一神殿の閉塞感と修行だけの日々に倦んだ小春は、外...