阿木 龍世

天使のツラノカワ(漫画)の登場人物。読みは「あぎ りゅうせい」。

  • 阿木 龍世
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天使のツラノカワ(漫画)
正式名称
阿木 龍世
ふりがな
あぎ りゅうせい

総合スレッド

阿木 龍世(天使のツラノカワ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

作家やモデル、演出家などマルチな才能を発揮する32歳。自身の体験を元にした処女小説『カルナバルが終ったら』が新人賞を受賞し映画化されるが、小説はここ5年ほど書いていない。偶然知り合った篠原美花を10万円で買うが、彼女のどこか人とは違う思考回路に興味を持ち始め、お気に入りのオモチャのような存在となる。

彼女の純粋さゆえの言動に、たびたび振り回される。

登場人物・キャラクター

牧師の娘で大学1年生。敬虔なクリスチャンで、毎日神様への祈りは欠かさない。飲酒や喫煙を一切しない真面目な性格の半面、世間知らずな側面もある。また、間違っていると思うことがあれば年上の龍世や紫生の父親に...

関連キーワード

『天使のツラノカワ』に登場する阿木龍世の処女小説。龍世自身の体験を元にした小説で、映画化、舞台化されている。冷たくあしらった女性に自分の部屋で自殺され、ノイローゼになり死に場所を探しにブラジルへ旅立つ...

登場作品

敬虔なクリスチャンだった篠原美花は神を信じて慎ましく生きてきた。しかし恋人の浮気、けが、空き巣などのさんざんな目に遭い、神様はいないこと悟る。そんな美花の前に現れた龍世、紫生、沙羅の3人の男女によって...