阿知女

阿知女

海神記(漫画)の登場人物。読みは「あちめ」。別称、ヒルメ。

登場作品
海神記(漫画)
正式名称
阿知女
ふりがな
あちめ
別称
ヒルメ
関連商品
Amazon 楽天

概要

伊都国の祭る神「天の日矛(あめのひぼこ)」に仕える巫女の老婆。普段は穏やかな性格で「ヒルメ」と呼ばれているが、神がかり状態になると荒々しい性格の「阿知女(あちめ)」に変わる。伊都国王によって引きあわされたオオタラシミケツに、神の象徴である「天の逆矛(あまのさかほこ)」を与える。

登場作品

海神記

九州の南の海で起こった海底火山の噴火と、それにともなう津波が「海人(あま)」と呼ばれる人々の暮らす村を壊滅させた時、後に「海童(わたつみ)」と呼ばれるようになる謎の子供が海から現れる。津波によって故郷... 関連ページ:海神記

SHARE
EC
Amazon
logo