限定ジャンケン

賭博黙示録カイジ(漫画)に登場するギャンブル。読みは「げんていじゃんけん」。

  • 限定ジャンケン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
賭博黙示録カイジ(漫画)
正式名称
限定ジャンケン
ふりがな
げんていじゃんけん

総合スレッド

限定ジャンケン(賭博黙示録カイジ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

大型客船エスポワールで開催された「第3回クリエイティブクルーズ」で行われたギャンブル。負債者である参加者それぞれに、星3つと星を貼り付けるマジックテープ、グー、チョキ、パーの3種4枚ずつ、計12枚のカードが配られる。他の参加者とジャンケンで勝負し、勝つと相手の星を1つ貰える(あいこは星の移動なし)。

使ったカードは勝負するボックスに入れ即座に集計され、船内の電光掲示板に残り時間とともに3種のカードの残数がリアルタイムで表示される。カードと星の譲渡は可能だが、破棄は退場となる。すべてのカードを使い切った時点で、初参加者は星を3つ、リピーターは星を4つ維持できれば勝ちとなる。

また勝負前に全参加者に最低100万円、最高1,000万円(30歳以上は最高500万円)が貸し付けられ、この金の使い方は一切自由とされる。

登場作品

1996年2月、自堕落な生活を送っていた主人公の伊藤開司(通称・カイジ)は、友人の保証人になっていたことから多額の借金を背負うことになる。返済のため、遠藤勇次にいわれるままギャンブル船エスポワールに乗...