陸奥圓明流

陸奥圓明流

修羅の門 第弐門(漫画)に登場する用語。読みは「むつえんめいりゅう」。

登場作品
修羅の門 第弐門(漫画)
正式名称
陸奥圓明流
ふりがな
むつえんめいりゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

千年不敗を誇る無手の古武術流派。歴史の闇の中で、多くの剣豪や武芸者と戦い勝利してきた。その数々の戦いは、外伝『修羅の刻』で語られている。一子相伝で伝えられるため、継承者の決定の時には死者が出る場合もある。戦国末期に不破圓明流という分派ができた。

登場作品

修羅の門 第弐門

陸奥九十九がケンシン・マエダと戦うために、コロンビアへと旅立ってから3年。行方不明になっていた九十九が、日本の総合格闘技大会、兵の会場に現れた。再び圓明流の技をふるって数々の格闘家に勝利していくが、そ... 関連ページ:修羅の門 第弐門

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
修羅の門 第弐門
logo