陽成院

超訳百人一首 うた恋い。(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ようぜいいん」。藤原高子、綏子内親王とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
超訳百人一首 うた恋い。(テレビアニメ)
正式名称
陽成院
ふりがな
ようぜいいん

総合スレッド

陽成院(超訳百人一首 うた恋い。)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

『超訳百人一首 うた恋い。』の登場人物。百人一首13番の詠み人。第57代天皇で、母親は藤原高子。9歳で帝位についたため、わがままに育つ。天皇を退位させられた後に綏子内親王を妃にする。

登場人物・キャラクター

『超訳百人一首 うた恋い。』の登場人物。清和天皇の女御となり入内する。在原業平と許されない恋に落ち、駆け落ちしようとする。百人一首13番の詠み人である陽成院の母親。
『超訳百人一首 うた恋い。』の登場人物。退位後の陽成院の妃になる。在位中の陽成院には、ヘビをけしかけられたことがある。光孝天皇の皇女で、宇多天皇の妹。

関連キーワード

さだあきら

登場作品

百人一首の恋愛化を中心に、詠み人を主人公としてストーリー化した作品。藤原高子と在原業平、陽成院と綏子内親王、僧正遍昭と小野小町などの男女の恋模様が、百人一首を元に描かれる。