雄軍

ギガントマキア(漫画)の登場人物。読みは「おぐん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ギガントマキア(漫画)
正式名称
雄軍
ふりがな
おぐん

総合スレッド

雄軍(ギガントマキア)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

聖虫族随一の戦士。全身が甲虫のような皮膚で覆われており、力、体重、素早さ、そのどれもが泥労守を上回る。拳から放たれる衝撃は、1トン前後にも及ぶ。聖虫族を虐げてきた人族を憎んでおり、泥労守人族の象徴として自らの手で処刑するべく、彼を闘技場へと招く。しかし、結果は敗北。

その後、相手の攻撃と想いを全て受け止めた上で制する烈修羅の信念を理解し、泥労守の正義感あふれる態度に全幅の信頼を寄せるようになる。

登場人物・キャラクター

筋骨隆々の男性。「~っス」という口調で話す。直情的で、考えの足りないこともしばしばあるが、純真で正義感の強い戦士。芽慰痾の肉片を探すため、契約者である風炉芽とともに旅をしている。元闘奴であり、対戦者と...

関連キーワード

『ギガントマキア』に登場する民族。砂漠に住む、甲虫のような容姿と皮膚をした亜人族。豊穣神発肥を主神としている。甲虫と共生しており、羽を帆のように広げ移動する甲虫を移動手段として使っている。長い間、帝国...

登場作品

遠い未来、数億年に一度の大厄災で、ほとんどの生物が死滅してしまった地球。筋骨隆々の男泥労守と不思議な少女風炉芽は、砂漠だけが永遠と続く荒れた大地を彷徨っていた。するとそこに亜人族の聖虫族が現れる。人族...