雑賀 力王

力王(漫画)の主人公。読みは「さいが りきおう」。雑賀道臣とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
力王(漫画)
正式名称
雑賀 力王
ふりがな
さいが りきおう

総合スレッド

雑賀 力王(力王)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

傷害罪で懲役3年の判決を受け、20歳で私立国分刑務所に投獄され、開始当初も服役中。貿易商・雑賀道臣の養子として18歳までは順風満帆の生活を送っていたが、高校3年の冬に突如失踪、2年間の空白ののち私立国分刑務所に送られた。右手の甲に六芒星の痣を持ち、「お前の悪業(カルマ)は俺が地獄へ運んでやる」の言葉とともに超人的な肉体と不屈の闘志で敵対する者を徹底的に粉砕する。

登場人物・キャラクター

力王の養父。かつてハンナたちユダヤ人をナチスから解放した両親ともども姉山に殺されかけたところを張善鬼によって救われる。ハンナこと王美麗の遺児である力王を養護施設から引き取り息子として育てたが、水口菊夫...

関連キーワード

主人公雑賀力王が投獄された刑務所。作品が始まった5年前に日本の刑務所は民営化されている。作品のスタート時点の4年前に起きた「第二次昭和大恐慌」をきっかけに私立国分刑務所は、大量発生した犯罪者を収容し、...

登場作品

傷害罪で私立国分刑務所に投獄された雑賀力王は、無法がまかり通る刑務所内で自分に害を及ぼそうとする囚人や刑務官を拳ひとつで叩き潰してきた。刑務所の支配者である所長を倒した力王は、自分の出生の秘密を求め脱...