雛月 加代

雛月 加代

僕だけがいない街(漫画)の登場人物。読みは「ひなづき かよ」。

登場作品
僕だけがいない街(漫画)
正式名称
雛月 加代
ふりがな
ひなづき かよ
関連商品
Amazon 楽天

概要

市立美琴小学校に通う、小学校時代の藤沼悟のクラスメイト。誕生日は藤沼悟と同じ3月2日。一周目では1988年の連続誘拐殺人事件に巻き込まれて3月1日に殺されている。藤沼悟が過去に戻れって問題解決する「再上映」をし、奔走した結果2周目では3月1日を乗り越え生き延びるものの、彼女は殺されてしまう。

母子家庭で、母親から毎日のように暴力、放置、監禁などの虐待を受けている。冷淡な性格で、口癖は「バカなの?」。誠心誠意彼女を助けたいと思う藤沼悟の思いに惹かれて、少しずつ性格が変わっていく。

関連人物・キャラクター

藤沼悟

2006年時点では28歳で、売れない漫画家。ピザ屋でアルバイトをしている。過去を変えて事件を防ぐことができる、「再上映(リバイバル)」という能力がある。母親が殺されて濡れ衣を着せられた後、1988年の... 関連ページ:藤沼悟

関連キーワード

市立美琴小学校

『僕だけがいない街』に登場する学校。1988年の状態で出ており、ストーブなどの施設は昔ながらの昭和の設備のままで、改築などはされていない。かなり田舎の地域にある学校で、近くに隠れられる場所が多い。子供... 関連ページ:市立美琴小学校

登場作品

僕だけがいない街

藤沼悟は28歳の売れない漫画家。彼には事故や事件の原因が取り除かれるまで、その直前までタイムスリップする「再上映(リバイバル)」という能力があった。母親の藤沼佐知子がやって来た時に、突然再上映が発生し... 関連ページ:僕だけがいない街

SHARE
EC
Amazon
logo