雛石 顕映

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「ひないし けんえい」。別称、ケンエー。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
雛石 顕映
ふりがな
ひないし けんえい
別称
ケンエー

総合スレッド

雛石 顕映(女神の鬼)の総合スレッド
2016.09.18 13:03

概要

五代目陴威窠斗幹部。小学生のころから兄・雛石顕治に憧れ、一番を目指すが内海鄭司に完敗。中学生となってからも内海に挑み続けていたが、一度も勝てず苛立ちを募らせていた。兄を切り捨てた陴威窠斗に誘われ悩んでいたところ、先に廣島連合入りしていた東紳彌に出会い、東の「二番手に甘んじつつてっぺんを狙う」という考えを聞き陴威窠斗入りを決意。

金田勝一コンを手下とし、入院していた荒木健豪とも通じチャンスをうかがっていた。その後内海たちに追い込まれた三浦治中尾鷹彦を従え行動を開始、内海たちと対決するが敗北。警官の銃撃から、裏切ったはずの内海に庇われ、鎖国島へと渡る。

島ではどの勢力にも付かず、亡くなった内海のため「皆で楽しく暮らせるような国」を作ることを目論んでいる。

登場作品

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(...