雛石 顕治

雛石 顕治

女神の鬼(漫画)の登場人物。読みは「ひないし けんじ」。

登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
雛石 顕治
ふりがな
ひないし けんじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

初代陴威窠斗メンバー。雛石顕映の兄。幼いころから「目つきが悪い」と大人たちに疎まれて育ち、はぐれ者の仲間を求め陴威窠斗に入った。自分の部屋などをサイケデリックな落書きで埋め尽くしたり、切り落とした耳を収集したりと、異常な嗜好の持ち主。牛山玄造小野寺慎と行動を共にしており、特に牛山からは理解者として強く慕われている。

1979年には、花山靖原真清の名を騙り北丸蛍の彼女の耳を切り落とし、北丸たちの怒りが二人に向くよう仕向けた。しかし、陴威窠斗初代総長虎鮫金次郎に制裁され、鎖国島へと渡った。ギッチョが島へ渡ったときは西側の総大将となっており、毒虫から精製した粉で東側メンバーを苦しめた。

登場作品

女神の鬼

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(... 関連ページ:女神の鬼

SHARE
EC
Amazon
logo