雨宮 夕日

惑星のさみだれ(漫画)の登場人物。読みは「あまみや ゆうひ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
惑星のさみだれ(漫画)
正式名称
雨宮 夕日
ふりがな
あまみや ゆうひ

総合スレッド

雨宮 夕日(惑星のさみだれ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

大学生。普段は無愛想で、合理主義的な人間。あまり感情に左右されないようにしている。ある日朝比奈さみだれに出会い、彼女に自分を捧げるためにトカゲの形をしたノイ=クレザントと契約。魔法使いと戦うための指輪の騎士になる。かつて祖父から虐待を受けており、人間不信だった。

東雲半月から託された古武術を習得し、日々訓練を重ねながら、自分が得た能力をいかに使うか探求しはじめる。感情を押し殺していた彼も、騎士たちと共に戦い、さみだれとすごすことで、感情を強く持つようになる。特殊能力である掌握領域は「掌握空域 天の庭(バビロン)」。小さな領域を広げたり、足場にしたりと、考えて使うための補助的な領域。

登場人物・キャラクター

世界を心から愛する姫であり、愛しすぎたがゆえに世界を破壊したいと願う魔王。動物に選ばれた12人の騎士たちが守る存在。魔法使いアニムスの作る泥人形を素手で殴り壊すほどの剛力を持っている。雨宮夕日と出会っ...

関連キーワード

『惑星のさみだれ』で使われる能力。従者の獣に選ばれた「指輪の騎士」が手に入れることができる、泥人形と戦うための特殊な念動力。攻撃や防御型から、時間転移までさまざまな特性がある。体力と連動しているため、...

登場作品

しゃべるトカゲにある日突然、世界を救う騎士になってほしいと言われる雨宮夕日。信じられない彼は、魔法使いが作った泥人形に襲われる。その時、騎士たちの姫である少女・朝比奈さみだれが乱入し、彼を助ける。泥人...