雨森 頑吉

雨森 頑吉

はだしのゲン(漫画)の登場人物。読みは「あまもり がんきち」。別称、クソ森。

登場作品
はだしのゲン(漫画)
正式名称
雨森 頑吉
ふりがな
あまもり がんきち
別称
クソ森
関連商品
Amazon 楽天

概要

元川小学校二年生で、原爆投下後中岡元と同じクラスになる。ゲンの住むバラック小屋の隣で脱糞しようとしていたことから、ゲンに「クソ森」というあだ名を付けられる。ゲンと出会った当初は、当時髪の毛が抜けていたゲンを「ハゲ」とからかってよく喧嘩をしていた。中岡友子をさらった集落に住んでおり、そのためゲンとの対立は一層深くなったが、友子の命を救うために協力したことで、その後は友人となる。

関連人物・キャラクター

中岡 元

物語冒頭では、国民小学校二年生。広島に住む中岡家の三男。原爆投下の際にも広島市の中心部にいたが、偶然塀の影にいたため熱線を免れて生き残る。倒壊した自宅で父中岡大吉、姉中岡英子、弟中岡進次を失う。生き残... 関連ページ:中岡 元

登場作品

はだしのゲン

原爆投下後の広島で、中岡元が様々な困難を経験し、戦争や原爆の悲惨さを目の当たりにしながらも、家族や仲間たちと支えあって成長していく姿を描く。 関連ページ:はだしのゲン

SHARE
EC
Amazon
logo