雨水 文緒

かりん(漫画)の登場人物。読みは「うすい ふみお」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
かりん(漫画)
正式名称
雨水 文緒
ふりがな
うすい ふみお

総合スレッド

雨水 文緒(かりん)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

雨水健太の母。黒目がちな憂いを含んだ瞳に泣きボクロのある美しい若妻。16歳で息子の雨水健太を出産。その後、母の責めに耐えられなくなり12年前に家出をして、母一人子一人で生活中。家に連れ戻されることを恐れている。その外見から勤め先で必ず上司から言い寄られ、問題になって解雇されてしまう。結果として常に貧乏暮らしをしている。

果林に噛まれたことで一時はポジティブになった。現在は聖アンナマリナ女子大の売店の売り子に落ち着いている。健太の父である飯塚修成とは幼馴染みで将来を誓っていたが、家を出るときに連絡が行き違い、離別してしまった。民間調査会社の米原に見つけられ、家に戻されそうになったが、説得して椎八場市に残った。

後日、母が病気で倒れ、看病のために戻る。

登場作品

椎八場市に住む女子高生の真紅果林は、吸血鬼の一族だが、なぜか血が増える増血鬼。吸血鬼の弱点は通用せず、普通に学校に通っていた。ところが、なぜかかりんが転校生の雨水健太に近づくと血が増えてしまう。その原...