雪之童

雪之童

両国花錦闘士(漫画)の登場人物。読みは「ゆきのわらべ」。別称、スノーマン。

登場作品
両国花錦闘士(漫画)
正式名称
雪之童
ふりがな
ゆきのわらべ
別称
スノーマン
関連商品
Amazon 楽天

概要

大相撲の力士。新潟県雪崩村出身で花吹雪部屋所属。第一話の時点で21歳。ぽっちゃりした体型の典型的な「あんこ型力士」。のんびりした風貌もあり、ファンからは「スノーマン」の愛称で親しまれている。昼寝と食べること、少女漫画を読むことが趣味。雪国の山奥育ちで3人の姉を持つ末っ子。本名は貴司。子供のころは大きな身体であることをバカにされ、コンプレックスを持っていたが、相撲界では身体が大きければ大きいほど誉められると知り、誇りに思うようになる。

昇龍とは同期で、幕下時代からライバルと称されており、同じ場所で小結に昇進するなど何かと縁がある。やせているうえに顔が良く、自分を見下したような目で見る昇龍のことは嫌っていた。

雪国で鍛えた足腰のおかげで押し相撲に強い。昇龍戦で見せた、雪おろしの要領で相手を豪快に放り投げる技は「雪おろし投げ」と称された。闘争心に欠けることがあり、精神的なもろさを親方にも叱責されている。繊細なように見えて単純で、ちやほやされると調子に乗って土俵上でも力を発揮する。親方の娘である紗耶香を好いているが、デブが嫌いな紗耶香には「トド」と呼ばれて気持ち悪がられている。

このほか相撲雑誌記者橋谷淳子が、同僚記者に自分の好きな男が雪之童であると心にもないことを口走ったときに、その言葉を漏れ聞いて勘違いしてしまった。

登場作品

両国花錦闘士

大の野球ファンの女性編集者橋谷淳子は、野球雑誌への配属を希望していたが、夢かなわず相撲雑誌に回されてしまう。相撲の取材を始めた彼女が目にしたものは、美形だがナルシストな力士昇竜やぽっちゃり型のいじめら... 関連ページ:両国花錦闘士

SHARE
EC
Amazon
logo