雪代 小百合

雪代 小百合

凄ノ王(漫画)の登場人物。読みは「ゆきしろ さゆり」。

登場作品
凄ノ王(漫画)
正式名称
雪代 小百合
ふりがな
ゆきしろ さゆり
関連商品
Amazon 楽天

概要

朱紗真悟がひそかに恋していた少女。お互いの思いを確かめ合った直後に、不良グループに暴行され、真悟の前から姿を消してしまう。実は、父親の借金により瓜生麗の奴隷状態に置かれており、暴行事件も瓜生麗によって仕組まれたものであったことが暴かれる。

関連人物・キャラクター

瓜生麗

耳宇高校始まって以来の秀才。絶大かつ多彩な超能力を持ち、それを知る取り巻きからは破壊王とも呼ばれている。凄ノ王の力を利用して現代社会を作り変えようと考え、朱紗真悟を凄ノ王として覚醒させるべく画策する。 関連ページ:瓜生麗

関連キーワード

耳宇高校

『凄ノ王』の主な舞台となる学校。一見すると規模が大きいだけの普通の学校に見えるが、犯罪者も同然の不良生徒たちが幅を利かせている。にも拘らず、それが大きな問題にはならず、不思議と一定の秩序は保たれている... 関連ページ:耳宇高校

超能力クラブ

『凄ノ王』に登場する組織。耳宇高校で活動する同好会で、雪代小百合に誘われ朱紗真悟が入部した。まだできたばかりで、集まった部員にはSFファンが多かったが、部長の美剣千草が正真正銘の超能力者であり、「超能... 関連ページ:超能力クラブ

登場作品

凄ノ王

ごく普通の少年として育った朱紗真悟は、恋心を抱いていた少女雪代小百合が、目の前で暴行された事件をきっかけに、超能力に目覚めた。それと同時に好戦的な性格へと変化した真悟は、町や学園に巣くう悪党たちとぶつ... 関連ページ:凄ノ王

SHARE
EC
Amazon
logo