雪村 翔太郎

SIDOOH/士道(漫画)の主人公。読みは「ゆきむら しょうたろう」。別称、翔。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
SIDOOH/士道(漫画)
正式名称
雪村 翔太郎
ふりがな
ゆきむら しょうたろう
別称

総合スレッド

雪村 翔太郎(SIDOOH/士道)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

上総国生まれ。14歳の時、母をコロリで亡くし、弟の源太郎と共に強くなるべく江戸を目指すが、朝倉清蔵に騙され白心郷に売られる。本来ならば生け贄として殺されるはずであったが、その儀式「生き様」(いきためし)に勝利、瑠儀に認められ弟共々白心郷での生活と修業を許される。

「童連」(どうれん)として白心郷での修業を積み2年後、刺客集団白連隊として黒船を襲撃。黒船を沈没させることに成功するが、隊長・朝倉清蔵瑠儀の裏切りによって処刑される。清蔵に代わって隊長を継いだ翔太郎瑠儀を討つべく、仲間と共に江戸を経て会津へと渡り、以後、会津の地を故郷と呼ぶようになる。

会津藩主・松平容保の京都守護職就任に伴って京へ上る。剣の腕は新撰組副長・土方歳三と互角。

登場作品

時は幕末。コロリによって母を亡くし天涯孤独となった雪村翔太郎、雪村源太郎兄弟は、朝倉清蔵によってカルト集団・白心郷に売られる。翔太郎は儀式の生贄にされるが生還、白心郷での生活と修業を許される。2年後、...