雪華綺晶

雪華綺晶

ローゼンメイデン(漫画)の登場人物。読みは「きらきしょう」。

登場作品
ローゼンメイデン(漫画)
正式名称
雪華綺晶
ふりがな
きらきしょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

ローゼンメイデン第7ドール。真っ白いドレスに編み上げのロングブーツを着用している。髪型はウェーブのかかったロングヘアをツーサイドアップにしている。髪の毛の色は白に近い淡いピンク。右の眼窩からは、白い薔薇が生えている。謎めいた言動が多く、つかみどころのない性格。実体を持たないアストラル体のドールとして生み出されており、それゆえに今までは現実世界にも現れず、「アリスゲーム」にも参加していなかった。

実体を持つことに固執しており、姉妹たちのボディを狙っているが、ローザミスティカには一切の興味を見せていない。他のローゼンメイデンたちとは違い、契約者の生命力ではなく、精神力を奪って活動している。

戦闘時は、白い茨や薔薇の花弁を操り戦う。前作『ローゼンメイデン(Rozen Maiden)』では、手始めに雛苺のボディを奪い、実体化。姉妹たちを罠にかけ、捕らえていた。本作では蒼星石のボディを使い、桜田ジュン(まかなかった世界)のもとに現れ、彼に契約を迫ったが、真紅たちの前に敗北。しかし、その後も鳥海皆人柿崎めぐを利用し、桜田ジュン(まいた世界)をはじめ契約者たちを狙って暗躍していく。

登場作品

ローゼンメイデン

自分の居場所が見つからず、鬱屈した日々を送っていた大学生・桜田ジュン。ある日、彼はバイト先の本屋で「週刊 少女のつくり方」という奇妙な雑誌を見つけた。付録のパーツをすべて組み立てると、幻のアンティーク... 関連ページ:ローゼンメイデン

SHARE
EC
Amazon
logo