雲井 竜児

太陽の黙示録(漫画)の登場人物。読みは「くもい りゅうじ」。

  • 雲井 竜児
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太陽の黙示録(漫画)
正式名称
雲井 竜児
ふりがな
くもい りゅうじ

総合スレッド

雲井 竜児(太陽の黙示録)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

北日本国の反政府ゲリラ海峡同盟の青年。柳舷一郎に仲間を救われた事から、彼らを保護する。宗方操の暗殺をめぐって舷一郎と対立するも次第に理解を示し、最終的には海峡同盟を出て舷一郎と同行する。元は北海道の医者の息子であり、日本大震災後は父と共に医療活動をしていたが、七星会による救援物資横流しを知り、告発しようとした父は死亡。

以後、ヤミ物資の運び屋を経て海峡同盟に加わった。

登場人物・キャラクター

『太陽の黙示録』の主人公の一人。箱根の山中にいた時に日本大震災に会う。当時11歳。避難の過程で記憶を失い、台湾人の夫婦に引き取られて15年間を台湾で暮らした。台湾人「舷」として暮らしていたが断片的に記...

関連キーワード

日本大震災によって分断された北海道、東北、北関東、中部地方を含む土地。「ノースエリア」と呼ばれる。震災時に政府が避難した札幌が首都となる。柳拓磨の要請で中国がいち早く援助に入るも、そのため事実上中国に...
『太陽の黙示録』に登場する組織。北日本国でゲリラ的に活動する武装組織。かつて紀伊半島だった島々を拠点としていた。表向きは元自衛官の公文讃がリーダーだが、実は孫市権作が黒幕であり、「孫市ホールディングス...

登場作品

2002年、日本大震災によって日本は、本州が東西に分断されてしまう。少年柳舷一郎は出会った大人、坂巻五郎と協力して避難の旅に出る。そして15年後、記憶を失い台湾で暮らしていた舷一郎は、現地で日本人と台...