雲海入道

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「うんかい にゅうどう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
雲海入道
ふりがな
うんかい にゅうどう

総合スレッド

雲海入道(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

太助と共に、竜我雷が兵卒だった頃からの友人。かつては高僧に仕える身分だったが、大酒が祟って宗門を追われた過去を持つ。竜我雷にとっては全幅の信頼を寄せられる人物のひとりであり、彼が南京楼の太守として武王都を離れたときは、ひとり残って麗羅救出の密命を果たした。

登場人物・キャラクター

五丈国の平民上がりの軍人で、登場時は海兵団突撃中隊長を務めていた。五丈国が佐倉を攻めた際に、紫紋の父・阿曽主禅を討ち取る戦功を立て、その活躍ぶりなどが五丈国の四天王・狼刃の目に留まる。そして、狼刃麾下...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。首都星は武王都。神聖銀河帝国崩壊後に比紀弾正が一代で築き上げた国で、銀河北天のほぼ全域に及ぶ広大な領土を誇る。比紀弾正が没した後は、麗羅を傀儡に立てた骸羅が実権を...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...