霧島 海人

霧島 海人

あの夏で待ってる(テレビアニメ)の主人公。読みは「きりしま かいと」。七海 るちあとは親族関係にある。

登場作品
あの夏で待ってる(テレビアニメ)
正式名称
霧島 海人
ふりがな
きりしま かいと
関連商品
Amazon 楽天

概要

小柄な体格と、天然パーマに眼鏡姿が特徴的な高校1年生の少年。祖父の遺品であるカメラでの撮影が趣味で、両親を亡くしていることから姉の七海と2人暮らし。七海が海外へ長期出張している間、転校生の貴月イチカと同居をすることになり、恋心を抱いていく。

映画制作においては監督兼カメラ担当であったが、急遽俳優としてイチカの相手役も務めることとなる。

関連人物・キャラクター

七海 るちあ

7年前に海で溺れた堂本海斗を助けた際、マーメイドの力の源となる真珠を彼に預けてしまうが、13歳の成人式に必要になり、真珠を取り戻すため地上へやってくる。運動神経が悪くおっちょこちょいで、人間の姿の時は音痴。 性格は明るく一途。堂本海斗に対しては嫉妬深い一面があり、よく喧嘩をしてしまう。

貴月 イチカ

3年A組に留学してきた、赤い髪の少女。スタイル抜群で性格は穏やかだが、どこか周りとは感覚がずれている。その正体は宇宙人であり、常に着用している眼鏡は翻訳機能を有している。訳あって霧島海人の家へと居候をすることになり、徐々に海人との距離を近づけていく。 映画制作においては主演を務める。

関連キーワード

イチカ

登場作品

あの夏で待ってる

『おねがいティーチャー』を手掛けた黒田洋介と羽音たらくのコンビが、10年ぶりに再び長野県を舞台にして贈るオリジナル作品。監督は『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の長井龍雪が担当。宇宙人の少女... 関連ページ:あの夏で待ってる

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
logo