露口 浩一

秘密—トップ・シークレット—(漫画)の登場人物。読みは「つゆぐち こういち」。

  • 露口 浩一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
秘密—トップ・シークレット—(漫画)
正式名称
露口 浩一
ふりがな
つゆぐち こういち

総合スレッド

露口 浩一(秘密—トップ・シークレット—)の総合スレッド
2016.08.10 16:34

概要

露口絹子の父で46歳。2058年に起きた「露口一家惨殺事件」の犯人として死刑執行された。露口はモルヒネで体の自由を奪った妻、義母、次女の家族3人を包丁で刺殺した後、頭部を鉄パイプで潰し脳を破壊していた。それはまるでMRI捜査を妨げる目的があるかのようだった。

その残虐すぎる犯行内容のためか死刑判決が確定し、わずか3年後の2061年1月9日に異例の早さで死刑を執行された。その死刑執行直前まで、長女の露口絹子を殺さなかったことを後悔し続けていた。そのあまりにも重い「秘密」が「第九」の捜査により徐々に暴かれていく。

登場作品

世界観タイトルの「秘密」は個人が「墓まで持っていく秘密」を意味している。この「秘密」は今までは決して暴かれることがなく、本人の死亡と共に永遠の謎となるはずだった。ところが、毎日自分が頭の中で思い描く、...