青徹

女王の花(漫画)の登場人物。読みは「せいてつ」。別称、青蓋。青逸とは親族関係にある。

  • 青徹
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
女王の花(漫画)
正式名称
青徹
ふりがな
せいてつ
別称
青蓋

総合スレッド

青徹(女王の花)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

元は黄国の貴族の息子で、青逸の弟青蓋黄妃亜国にくる前から仕えていたが、王妃の愛人と噂され、黄国に帰国。その後、亜国を再訪問した際、黄妃親子を脱走させようとして失敗。片目を失い、元の身分を隠して亜国で商人青徹として働きながら、黄国のスパイとしても活動していた。

子どもの亜姫薄星と出会い、武芸や学問をたたき込む。

登場人物・キャラクター

黄国出身の亜国の正妃で、亜姫の母。15歳で亜王に嫁いだ。体調を崩し、狭く日当たりの悪い室に追いやられてから、ますますやせ細っていく。最期は、亜姫を生き延びさせるために、自ら毒を仰いだ。
黄国の大夫で、国境を守っていた亡き将軍青英の息子。青徹の実の兄。背が小さい妻、桐を愛している。飄々とした性格だが、武芸の腕は立つ。

関連キーワード

亜国・黃国・土国・曾国の4国の中で東部に位置している。古くからある文化的な国だが、周りから領土を削り取られて、いまや小国になっている。美人が多いと言われている。

登場作品

亜国・黃国・土国・曾国の4国が相争う時代。亜国の姫・亜姫は病床の母・黄妃と共に王宮で冷遇された日々を送る中、金髪碧眼の胡人奴隷・薄星と出会う。二人は商人の青徹から技芸や武芸を学び成長するが、亜姫の聡明...