陸奥圓明流外伝 修羅の刻(漫画)の登場人物。読みは「しずか」。別称、静御前。陸奥鬼一とは親族関係にある。

  • 静
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
陸奥圓明流外伝 修羅の刻(漫画)
正式名称
ふりがな
しずか
別称
静御前

総合スレッド

静(陸奥圓明流外伝 修羅の刻)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

陸奥鬼一の妹であり、源義経と初めて会った時は、鬼一を先導しながら舞う童女であった。奥州から挙兵した義経と再会した時には美しい白拍子に成長しており、後に義経の子をもうける。子は源頼朝によって奪われ殺されかけるが鬼一に救出され、陸奥の子として育てるように託された。

登場人物・キャラクター

力が弱く泣き虫だが、平家を討つ使命にこだわり続ける少年。人の目を見て性質を見抜く才能があり、初対面で武蔵坊弁慶や陸奥鬼一を深く信用した。奥州で藤原秀衡の庇護の下に成長し、やがて挙兵。弁慶ら家臣と、鬼一...
陸奥圓明流の継承者であり、後に静御前を妹に持つ。平安時代の京で夜ごとに強者へ挑んでは倒していた。武蔵坊弁慶との戦いを収めた源義経に興味を抱く。義経の身を案じて彼を藤原秀衡の下へ送り、彼がそのまま奥州で...

登場作品

中・短編の連作であるため、あらすじが書けません。