革離

革離

墨攻(漫画)の登場人物。読みは「かくり」。

登場作品
墨攻(漫画)
正式名称
革離
ふりがな
かくり
関連商品
Amazon 楽天

概要

墨者。墨家集団では黙殺しようとした燕の梁城城主からの依頼を、反対を押し切りたった一人で梁城にやってきた。防衛戦のスペシャリストで、城内の住民をまとめ、倍以上の兵数を有する趙軍から城を守り続けた。その後、腐敗しつつある墨家に向かうも、陰で墨家を牛耳る薛併に捕らえられる。

脱出後は秦から趙の邯鄲を守る依頼を受け、その過程で、蘭鋳雲荊らと出会い、行動をともにするようになる。

関連人物・キャラクター

蘭鋳

韓の農民。頭にある大きな瘤が特徴。秦兵に妻を殺された過去を持ち、戦で親を失った子供たちを集めた組織・鼠のリーダーとなり、秦に対してゲリラ活動を行っていた。秦兵に見つかって捕らえられていたところを革離に助けられ、仲間となる。燃える水(=石油)を発見し、秦王暗殺を企てる。

関連キーワード

墨家

『墨攻』に登場する思想家集団で、諸子百家の一つ。戦国時代の思想家・墨子によって興された。博愛主義、非攻主義を掲げ、その思想に基づいて各地の城の防衛に努めた。戦国時代では儒家と並ぶほど広まったが、秦の中国統一とともに衰退していった。なお、墨家の教えに従うものを墨者と呼ぶ。

登場作品

墨攻

非攻・博愛を信条とする墨家の男が、持てる力のすべてを賭けて、圧倒的不利な状況下にある城を守り抜くストーリー。酒見賢一氏の同名小説の漫画化。第40回小学館漫画賞受賞(1998年)。 関連ページ:墨攻

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
梁魁
集団・組織
その他キーワード
戦国時代
logo