韮山 練造

六三四の剣(漫画)の登場人物。読みは「にらやまれんぞう」。伊賀光昭とは親族関係にある。

  • 韮山 練造
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
六三四の剣(漫画)
正式名称
韮山 練造
ふりがな
にらやまれんぞう

総合スレッド

韮山 練造(六三四の剣)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

『六三四の剣』に登場する人物。夏木栄一郎東堂国彦の師。普段は穏やかな老人だが、ひとたび剣を手にすると豹変。その足さばきと剣技は栄一郎国彦も凌ぐほど。修羅の竹刀を杖で封じたり、六三四の懐に一瞬で入ったり、国彦の脇腹を斬るなど、その実力は計り知れない。高校生編では修羅の師匠にもなり、韮山の家に修羅が住みこんで身の回りの世話をしていた。

孫の伊賀光昭も剣道をやっている。

登場人物・キャラクター

『六三四の剣』に登場する人物。東堂修羅の父。夏木栄一郎の大学時代の先輩であり、最大のライバルでもある。職業は医者。21歳で全日本剣道選手権を制し、それ以降はいかなる大会にも出場していなかったが、栄一郎...
『六三四の剣』に登場する人物。全日本大学選手権優勝の腕前をもつ韮山練造の孫。難波大に通う。同じ韮山練造から指導を受けた修羅とは兄弟弟子になる。

登場作品

剣道の全日本大会で優勝した夏木夫婦の間に生まれた男の子は、誕生日時の6月3日の午後4時をもじって、六三四と名付けられた。六三四は、両親の影響から3歳で剣道をはじめ、幼少期は強い相手との勝負を求めて暴れ...