音無 惣一郎

音無 惣一郎

めぞん一刻(漫画)の登場人物。読みは「おとなし そういちろう」。音無響子とは親族関係にある。

登場作品
めぞん一刻(漫画)
正式名称
音無 惣一郎
ふりがな
おとなし そういちろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

音無響子の最初の結婚相手で、彼女の通う女子高で地学の非常勤講師を務めていた。音無響子よりは10歳ほど年上で、彼女が高校を卒業した後に入籍。しかし、それから半年も経たずして亡くなった(死因は不明)。物語の当初から故人だが、音無響子の心理に著しく影響を及ぼす存在であり、五代裕作三鷹瞬にとってはお互い以上のライバルである。

登場する際は常にシルエットで描かれ、その容姿はついに明かされていない。五代裕作は最後の最後にその姿を知ることになるが、その場面でも読者が音無惣一郎を素顔を見ることはできなかった。

関連人物・キャラクター

音無響子

一刻館に赴任してきた、二十代半ば(五代裕作より2歳年上)の美人管理人で、管理人室に居住している。トレードマークはヒヨコのロングエプロンと竹ぼうきで、五代裕作が出かけるときや帰宅する際には大抵(たとえ夜... 関連ページ:音無響子

登場作品

めぞん一刻

時計坂にある古いアパート一刻館。そこはひと癖もふた癖もある破天荒な住人たちが住み、毎晩のようにどんちゃん騒ぎを繰り広げるという、いわば貧乏長屋だった。住人のひとりである貧乏浪人生・五代裕作は、受験生に... 関連ページ:めぞん一刻

SHARE
EC
Amazon
logo