音羽の半右衛門

仕掛人 藤枝梅安(漫画)の登場人物。読みは「おとわのはんえもん」。別称、半右衛門。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
仕掛人 藤枝梅安(漫画)
正式名称
音羽の半右衛門
ふりがな
おとわのはんえもん
別称
半右衛門

総合スレッド

音羽の半右衛門(仕掛人 藤枝梅安)の総合スレッド
2016.10.03 20:49

概要

小石川から雑司ヶ谷を縄張りとしている香具師の元締で、江戸の裏社会でその名を知らぬ者がいない程の存在。女房のおくらに小石川で吉田屋という料理茶屋をやらせている。おせき婆さんに「一寸法師にかびが生えたような爺さん」と言われるような冴えない容貌の小男だが、度量は大きく、後に藤枝梅安がもっとも信頼する元締となる。

登場作品

江戸時代後期。江戸の郊外・品川台町の鍼医者・藤枝梅安は腕もよく、面倒見のよい人柄で患者から頼りにされていた。しかし、藤枝梅安には人に知られてはならない秘密があった。藤枝梅安の裏の顔は、金で殺しを請け負...