響 小説家になる方法

天才的な小説の才能を持つが、非常識な性格の女子高生・鮎食響が、周囲の人々に大きな影響を与え、騒動を巻き起こす姿を描いた青春小説。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
響 小説家になる方法
作者
ジャンル
青春

総合スレッド

響 小説家になる方法(漫画)の総合スレッド
2016.09.18 13:02

新着関連スレッド

関口 花代子(響 小説家になる方法)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.18 13:03
大坪(響 小説家になる方法)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.18 13:03

新着関連スレッドもっとみる

概要

文芸誌『木蓮』の新人賞に送られてきた、応募規定を満たしていない小説にほれ込んだ編集者花井は、連絡先のわからない作者・鮎食響を探し出そうとする。一方、鮎食響本人は、新入学の高校で文芸部に入ろうとするが、そこは不良のたまり場となっていた。

登場人物・キャラクター

主人公
高校1年生の女子。メガネにぼさぼさ頭で、飾り毛のない容姿。天才的な小説の才能を持っている。しかし社会常識や人の感情の機微を読み取ることには疎く、また攻撃的な性格。躊躇なく暴力を振るう。文芸誌『木蓮』の...
高校1年生の男子。鮎食響の幼馴染で、彼女に片思いをしている。長年非常識な性格の鮎食響の面倒を見てきた。彼女と共に文芸部に入部する。実家は喫茶店。
高校2年生の女子。母親がフィンランド人のハーフ。文芸部の部長。父親はベストセラー作家の祖父江秋人。
文芸誌『木蓮』の女性編集者。入社3年目の新人。新人賞応募規定を守っていなかったため捨てられていた鮎食響の小説にほれ込み、連絡先のわからない彼女を探すため奔走する。
文芸誌『木蓮』の男性編集者。花井の先輩。
高校1年生の女子。文芸部に入ろうとしていたが、不良たちに追い返されて諦めていた。中学までは地味だったが、高校に入って髪を染めた。ライトノベルファン。
高校2年生の男子。祖父江sofia凜夏の友人。厳つい容貌の不良。部員が足りないからとリカに頼まれ文芸部に在籍していた。
祖父江sofia凜夏の父親。デビュー以来30年間ヒット作を出し続けてきたベストセラー作家。
鮎食響の通う高校の3年生の倫理を担当している男性教諭。文芸部の顧問だが、名ばかりで何もしていない。人格は最低。
30歳の女性。小説家兼ライター。次回作に悩んでいる。
文芸誌『木蓮』の編集長。ベストセラー作家祖父江秋人とは同年代で、昔から付き合いがある様子。

場所

『君のコトなど絶対に』に登場するデパート。屋上には子供用の遊園地が設置されていた。呉服店に始まり、200年続いた老舗だったが倒産。ビルは解体されるに至る。石蕗天真はこのデパートの一人娘。
橘礼央や石蕗天真が通った高校。資産家や名家の子女が集まるエリート高校で、入学金を含めると3年間で1000万円ほどの学費がかかる。幼稚園から大学までのエスカレーター式の学校の高校で、玄武と呼ぶ場合は、高...
諸般の事情により、橘礼央や石蕗天真が転校した高校。私立玄武大付属高等学校のすぐそばにある。元は玄武が所有していた土地を一部譲り受け建てられた。これに傘を着た私立玄武大付属高等学校の生徒達が、部活用のス...