須勢理姫

八雲立つ(漫画)の登場人物。読みは「すせりひめ」。己貴とは親族関係にある。

  • 須勢理姫
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八雲立つ(漫画)
正式名称
須勢理姫
ふりがな
すせりひめ

総合スレッド

須勢理姫(八雲立つ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

『八雲立つ』古代編に登場する蛇神。出雲の聖地である須佐の神タタラ岩姫の御子で、滝に住まい水を操る。西出雲の地で素戔嗚加茂呂に火攻めにされた己貴が希望し、真名志が生太刀の霊力を使って降ろした。以降、契約により己貴の妻となり、幾度も己貴の窮地を救っている。モデルは、日本神話に登場する女神。

登場人物・キャラクター

東出雲王の嫡子で、甕智彦の腹違いの兄。のちに、甕智彦が唯一鍛えた武器としての剣生太刀の霊力で、八岐大蛇を退け、出雲の統一を果たす。大将軍大國主とも呼ばれる。日本神話に登場する出雲の英雄神大己貴がモデル...

登場作品

演劇「八雲立つ」の舞台構想を練るための取材に同行した大学生七地健生は、取材先の道返神社で、素戔嗚の怨念昇華を悲願として生きる巫覡布椎闇己と出会う。だが、悲願の達成には、闇己を補助する巫覡と、力の増幅器...