額田王

額田王

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「ぬかたのおおきみ」。

登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
額田王
ふりがな
ぬかたのおおきみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

皇極天皇の世話をする采女のひとりで、幼少期の鵜野讃良皇女や大田皇女に勉強を教えていた、美しい女性。思慮深く洞察力に優れ、大人の女性としての落ち着きを持ち、讃良や大田から姉のように慕われている。歌謳いの名人としても有名で、男性からも人気があった。年若い大海人皇子と結婚し、娘の十市皇女をもうけたが、兄への忠誠を示す必要に迫られた大海人の思いを汲み取り、中大兄皇子のもとへ嫁ぐ。

その後も讃良との親交は続き、大海人への愛に悩む讃良に助言をすることもあった。中大兄の元妻であり、後に臣下の中臣鎌足の妻となった鏡王は、実の姉である。

歴史上の実在の人物、額田王がモデル。

登場作品

天上の虹

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し... 関連ページ:天上の虹

SHARE
EC
Amazon
logo