額田部女王

日出処の天子(漫画)の登場人物。読みは「ぬかたべのひめみこ」。穴穂部間人媛、大姫、厩戸、蘇我馬子とは親族関係にある。

  • 額田部女王
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
日出処の天子(漫画)
正式名称
額田部女王
ふりがな
ぬかたべのひめみこ

総合スレッド

額田部女王(日出処の天子)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

訳語田大王の大后。母堅塩媛は蘇我馬子の姉。穴穂部間人媛の異母姉で、厩戸の伯母にあたる。長く大后の位にいたことから、訳語田大王死後も強い発言力を持つ聡明かつ妖艶な美貌を持つ女性。厩戸を気に入っており、彼が将来の大王になると見込んで、娘の大姫を嫁がせた。

後に自ら女帝として即位し、厩戸を政治補佐役大兄とすることとなる。実在の人物推古天皇をモチーフとしたキャラクター。

登場人物・キャラクター

厩戸王子の母親で、橘豊日の妻。穏やかで優しい性格だが、実子厩戸の持つ超能力に気付き、彼の存在自体を恐れ遠ざけている。実在の人物穴穂部間人媛をモチーフとしたキャラクター。
訳語田大王と額田部女王の間に生まれた皇女。気の強く、自尊心の高い性格。額田部女王の肝いりで厩戸に嫁がされるが、生まれたときから大王に嫁ぎ大后となるための教育を受けてきたため、当初は反発を隠せずにいた。...
天才的な才知と美貌、そして仏や魔の世界と行き来する超能力を持って生まれた王子。政的な洞察力の高さや仏教への深い理解から、蘇我馬子や#額田部女王などの有力者から次代の大王と目されている。厩戸が超能力を持...
物部氏と勢力を二分する有力豪族蘇我氏の当主。朝廷第一の財力を持ち嶋大臣と呼ばれる。大臣として朝廷の財政を司ると共に、仏教信仰を広めようと考えている。厩戸王子の才気を当初は恐れていたが、成長するにつれて...

登場作品

敏達12年(西暦583年)、朝廷第一財力を持つ大臣蘇我馬子の長子蘇我毛人は、池で水浴びをする少女と出会う。それは少女と見まごうほどの美貌を持った厩戸王子だった。厩戸の持つ不思議な力を恐れつつも、彼に惹...