風の転輪

灼眼のシャナⅡ -Second-(テレビアニメ)に登場する「自在法」の一つ。読みは「かぜのてんりん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
灼眼のシャナⅡ -Second-(テレビアニメ)
正式名称
風の転輪
ふりがな
かぜのてんりん

総合スレッド

風の転輪(灼眼のシャナⅡ -Second-)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

紅世の王フィレスが使用する。人と人の接触により永続的に目標物を探し、その目標物を見つけた地点に自らを運ぶ出口になる。

登場人物・キャラクター

黄緑色の長髪と瞳を持ち、自在法「風の転輪」を扱う紅世の王。「琥珀色」の炎を持ち、真名は「彩飄」。「約束の二人」の片割れであり、吉田一美に宝具「ヒラルダ」を渡す。
『灼眼のシャナ』に登場する王。「紅世の徒」の中で大規模な存在の力を統御できる者を指す。「王」と縮めて呼ぶこともある。存在の大きさ故に、この世で顕現し続けるための「存在の力」も多く必要とする。

関連キーワード

『灼眼のシャナ』に登場する紅世の徒やフレイムヘイズが存在の力を自在に操る術の総称で、これにより様々な現象を引き起こす。この力を発動させる際には自在式と呼ばれる紋様が展開される。

登場作品

「仮装舞踏会」との戦いが終結し、平和を取り戻した御崎市。「紅世の徒」と戦うフレイムヘイズのシャナと、紅世の秘宝・宝具「零時迷子」を秘めた特殊なトーチ「ミステス」である坂井悠二は、そこで平穏な日々を過ご...