風吹

風吹

とりかえばや異聞(漫画)の登場人物。読みは「ふぶき」。

登場作品
とりかえばや異聞(漫画)
正式名称
風吹
ふりがな
ふぶき
関連商品
Amazon 楽天

概要

忍の者。遊女屋で働き始めた紫子の初めての客として出会い、恋に落ちる。佐伯家重臣天野外記から領主碧生暗殺の任を受け、家臣の子能美右京之介として潜入。事情を知り紫子を助ける。北欧の鬼と人とのあいのこで、妖力を使う時には瞳が緑色に光る異形の者。

角を外し封印されていたが、猿丸に崖から突き落とされた折、封印が解け完全な異形となる。

関連人物・キャラクター

紫子

佐伯家の当主碧生の双子の妹。双子故に生後まもなく外に出され、西大路の大海屋の跡継ぎとして育つ。長身で体格も良く、女だてらに剣の腕も立つため、男と間違われることが多い。養父亡きあと遊女屋で働き始めたところで風吹と出会い恋に落ちる。療養中の兄碧生の身代わり役に連れ戻され、最後まで身代わりを務める。

登場作品

とりかえばや異聞

平安時代後期に成立した日本の古典『とりかえばや物語』を素材とし、織田と毛利が覇権を争う戦国時代の安芸国佐伯家を舞台に変えた作品。療養中の兄の身代わりをつとめていた双子の妹、紫子が、国を守るため入れ替わ... 関連ページ:とりかえばや異聞

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
碧生
能美 右京之介
笹島
その他キーワード
logo