風王 早手

紅伝説(漫画)の登場人物。読みは「はやおう はやて」。妖子とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
紅伝説(漫画)
正式名称
風王 早手
ふりがな
はやおう はやて

総合スレッド

風王 早手(紅伝説)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

紅彩香を狙う伊賀の末裔の1人。風を操り、岩をも砕く手裏剣の達人。後に紅彩香緋場炎らと行動を共にするようになる。実は妖子の兄だということが判明する。

登場人物・キャラクター

伊賀四天王の1人。変装が得意だが、紅彩香の変装だけは緋場炎や沢木崖に見抜かれてしまう。風王早手に好意を寄せていたが実の妹だということが判明する。
背中に鳳凰の印を持つ一族の末裔。幼いころから沢木崖に育てられ、身を守るため男子を負かすほどの武道の達人。沢木崖、緋場炎、雪王の間で心が揺れ動くが、緋場炎と結ばれ、強大な力を手に入れる。

登場作品

両親のいない紅彩香は、沢木崖に育てられている。紅彩香は興奮すると背中に浮き出る鳳凰の印があり、転々と逃げ回る生活を送っていた。緋場炎、雪王という鳳凰の一族と出会い、伊賀の末裔たちを仲間に取り入れながら...