風田 サブロウ

イナズマン(漫画)の主人公。読みは「かぜた さぶろう」。

  • 風田 サブロウ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
イナズマン(漫画)
正式名称
風田 サブロウ
ふりがな
かぜた さぶろう

総合スレッド

風田 サブロウ(イナズマン)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

鮮魚店の息子で中学生。超能力を無意識に使っていたため、ケンカや勉強では常に一番だった。リオンの導きで自分が超能力者であることを知り、イナズマンとして覚醒する。テレパシー、テレポーテーション、サイコキネシスなど様々な超能力を使うことができる。一番得意とする攻撃方法はイナズマ放電。

正義感が強く、素直な性格。超能力者として覚醒する時、「毛虫からサナギへ、サナギから蝶になる」というリオンの言葉に素直に反応したため、蝶をイメージした外観の超人イナズマンに変身するようになった。

関連キーワード

『イナズマン』の登場する組織。風田サブロウが所属している超能力者集団。サラーを盟主とし、旧人類を滅ぼし、超能力者だけの国を作ろうとしている新人類帝国と戦っている。子供の時の方が超能力を引き出しやすいこ...

登場作品

中学生風田サブロウの前に謎の外国人の少女リオンが現れた。彼女の導きで、サブロウは自分が超能力者であることを自覚し、異形の超人イナズマンに変身することを体得する。サブロウは正義の超能力集団少年同盟に加盟...