風間 俊一郎

風間 俊一郎

デラシネマ(漫画)の主人公。読みは「かざま しゅんいちろう」。

登場作品
デラシネマ(漫画)
正式名称
風間 俊一郎
ふりがな
かざま しゅんいちろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本映画株式会社(日映)所属のフォース助監督。物語開始時点では入社一週間の新人り。「リアル」な映画を追い求め、古い慣習を重視する他の関係者たちと対立する。師岡大善監督、高羽実行の助監督を経て、巨匠・森島貢監督の助監督を務めた。その後、埋もれている人間にもチャンスを与えるという日映の改革によって行われた「脚本コンクール」を勝ち抜き、監督の座を得る。

満州からの引き揚げ組で、父は満州のナガトホテルの支配人。宮藤武晴とは満洲映画協会(満映)で出会っており、宮藤とは逆の右手にある火傷のあとも、そのころついたもの。

登場作品

デラシネマ

昭和28年。戦後の日本映画黄金時代のなか、「てっぺん」を目指す二人の若者がいた。大部屋俳優の宮藤武晴と、フォース助監督の風間俊一郎。だが、宮藤は大御所である市岡歌蔵に殺陣の段取りを無視して切りかかった... 関連ページ:デラシネマ

SHARE
EC
Amazon
logo