飛竜

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「ひりゅう」。姜子昌とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
飛竜
ふりがな
ひりゅう

総合スレッド

飛竜(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

智国の軍人で、独眼竜正宗の親衛隊長を務める女性。独眼竜正宗にとっては、全幅の信頼をおく知恵袋でもある。常に主の側にあって的確な助言で補佐し、独眼竜正宗の叔父・丁儀の造反についても看破していた。しかしその言は聞き入れられず、独眼竜正宗の失脚へと繋がってしまう。

練国姜子昌とはかつて同じ学舎で学んだ同輩であるが、独眼竜正宗練国の対立が本格化して以降は、強力なライバルとして知力を尽くした勝負を繰り広げる。

登場人物・キャラクター

銀河帝国の南天に位置する、智国の国主代理を務める隻眼の女将。正宗とは智国の国主の尊号で、本名は紅玉と言う。父である先代・正宗が死去した際、弟の虎丸が幼かったことから、弟が元服するまでの間、彼女が正宗を...
若い頃から練国の麒麟児として、その才覚を嘱望されていた名将。比紀弾正率いる五丈国軍が南天に侵攻した際、南天連合として迎撃に参加することを強く諌めたことから、練国の国主・羅鶴に疎まれ、謹慎処分に処されて...

関連キーワード

『銀河戦国群雄伝ライ』に登場する国家。南天に位置し、首都星は南帝閣。南帝閣周辺で活動していた海賊が、治安維持を名目に神聖銀河帝国から官位を戴いたのが国の成り立ちで、智国の国主は代々正宗を名乗るのが習わ...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...