飯塚 修成

かりん(漫画)の登場人物。読みは「いいづか しゅうせい」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
かりん(漫画)
正式名称
飯塚 修成
ふりがな
いいづか しゅうせい

総合スレッド

飯塚 修成(かりん)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

雨水健太の父。吊り目の三白眼で左目横に大きな傷痕があり、見た目は凶悪犯だが実直な人物。左目横の傷痕は、小学生時代に幼馴染みの雨水文緒に押されて遊具に激突したときのもの。高校で落第するなどあまり行跡はよくなかったが、妊娠させた文緒のために更生しようとしていた。だが、文緒の母に気絶され、それに怒った修成の父のため、文緒とは音信不通となってしまい、12年前の家出も知らされなかった。

現在は無職だが、臨時雇いで配管工として働くことが多いらしい。健太とは5年前に偶然、会ったことがある。新しい恋人との間に子供ができたため、過去の清算のために文緒と会おうとして家出を知り、調査会社の米原とともに椎八場市を来訪。

文緒と健太との再会を果たした。

登場作品

椎八場市に住む女子高生の真紅果林は、吸血鬼の一族だが、なぜか血が増える増血鬼。吸血鬼の弱点は通用せず、普通に学校に通っていた。ところが、なぜかかりんが転校生の雨水健太に近づくと血が増えてしまう。その原...