飯嶋 律

飯嶋 律

百鬼夜行抄(漫画)の主人公。読みは「いいじま りつ」。

登場作品
百鬼夜行抄(漫画)
正式名称
飯嶋 律
ふりがな
いいじま りつ
関連商品
Amazon 楽天

概要

黒髪の気弱そうな若者。初登場時は16歳。物腰は柔らかいが、容易に人に本心を見せない。一浪した後、恵明大学に入学し、民俗学を専攻する。生まれつき強い霊感を持ち、幽霊や妖怪が見え、会話をすることができる。しかし対応する術がなく、父、飯嶋孝弘の遺体に住みついた式神・青嵐や、尾白尾黒達の助けを借りながらなんとか生活している。

亡くなった祖父・蝸牛(飯島伶)の命によって幼い頃は女の子の格好をしていた。3歳年上の従姉で、同じく霊能力を持つ飯嶋司は姉のような存在だが、同時に恋愛にも似た感情も持っている。

登場作品

百鬼夜行抄

祖父譲りの霊感を持つ青年、飯嶋律が、幽霊や妖怪達に関わっていく様子を描く。(2006年)文化庁メディア芸術祭漫画部門賞受賞。 関連ページ:百鬼夜行抄

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
青嵐
飯嶋 司
尾黒
広瀬 晶
石田 三郎
logo