館林

館林

氷の掌 シベリア抑留記(漫画)の登場人物。読みは「たてばやし」。

登場作品
氷の掌 シベリア抑留記(漫画)
正式名称
館林
ふりがな
たてばやし
関連商品
Amazon 楽天

概要

ライチハ収容所に収容されていた人物。収容所の作業の一貫として、収容所近くの民家の修理に借り出された際、その家の娘、ターニャと仲が良くなる。ターニャは、彼のためにカチューシャを歌い、日本に帰らないで欲しいと訴えたという。館林は、ターニャが、ドイツ軍の侵攻により、田畑が破壊され、戦勝国でありながら、どん底へと落ち込んでいる自分達と、館林たちの境遇に近しいものを感じていたため、自分に親愛の情を持つようになったのではないかと推測している。

登場作品

氷の掌 シベリア抑留記

第二次世界大戦終了後、ソ連軍の捕虜となり、シベリア抑留を受けた小澤昌一。学徒出陣し、まだ年若かった彼が、シベリアの地で味わった、恐怖と絶望、人間の善性・業などが描かれた体験記。小澤昌一の娘、おざわまり... 関連ページ:氷の掌 シベリア抑留記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
小澤 昌一
加藤
阿矢谷
満州義勇隊の少年
碓氷
コンコン様
橋口
集団・組織
突撃隊
場所
キヴダ収容所
ライチハ収容所
その他キーワード
logo