首皇子

首皇子

長屋王残照記(漫画)の登場人物。読みは「おびとのみこ」。別称、聖武天皇。文武天皇とは親族関係にある。

登場作品
長屋王残照記(漫画)
正式名称
首皇子
ふりがな
おびとのみこ
別称
聖武天皇
関連商品
Amazon 楽天

概要

文武天皇宮子の息子。病弱で気弱、幼い頃は乳母である県犬養橘三千代を母と慕い、後に彼女の娘である安宿を盲信する。元正天皇の上位後、聖武天皇として即位した。

関連人物・キャラクター

県犬養橘三千代

文武天皇の乳母として宮中に入り、それをきっかけに藤原不比等と通じて妻となった。首皇子の乳母も務めており元明天皇から「橘」の姓を賜った。藤原不比等の野望を陰から支えている。 関連ページ:県犬養橘三千代

安宿

藤原不比等と県犬養橘三千代の娘。父の野望のため、幼い頃から首皇子と一緒に育てられ、後に妃となった。聡明ではきはきした性格で、首皇子に多大なる影響を与えた。 関連ページ:安宿

文武天皇

病弱であったため天皇の位を母、元明天皇に譲った。藤原不比等に提案された遷都を許可し、彼に莫大な食封を与えて24歳で崩御。 関連ページ:文武天皇

登場作品

長屋王残照記

律儀で真面目な皇族の長屋王は、元正天皇や元明天皇と共に皇族主導の政治を目指して執務をとるが、実力主義の藤原不比等と対立していく。平城京遷都や貨幣制度の構築など、奈良時代の政治の流れを、長屋王の生涯を通... 関連ページ:長屋王残照記

SHARE
EC
Amazon
logo