香取 石松

リングにかけろ(漫画)の登場人物。読みは「かとり いしまつ」。

  • 香取 石松
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
リングにかけろ(漫画)
正式名称
香取 石松
ふりがな
かとり いしまつ

総合スレッド

香取 石松(リングにかけろ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

背が低く、顔の左側に大きな傷があるのが特徴。おしゃべりで明るい性格の少年だが、喧嘩っ早いところがある。チャンピオンカーニバル千葉県代表で、全国各地を偵察に回っていた。竜児のところにやって来たとき、一緒にいた高嶺菊に一目惚れする。背の低さを利用した下からの攻撃や、相手の予想を裏切る大ジャンプを多用した闘いを展開する。

チャンピオンカーニバルでは準決勝で河合武士に敗れるが、その後の闘いでは竜児、剣崎、志那虎、河合らと共にチームを組み、「黄金の日本Jr.」と呼ばれるようになる。スーパー・ブローは「ハリケーンボルト」「スパイラル・タイフーン」「火の玉ハリケーン・ボルト」。

登場人物・キャラクター

山口県仁保出身。高嶺竜児の姉。ボクサーだった亡き父の才能を全て受け継いだかのような、天才的センスの持ち主。竜児を世界に通用する名ボクサーにするべく、地元のボクシングジムの一角を間借りしながら日々指導し...

関連キーワード

『リングにかけろ』に登場するJr.ボクシングチーム。世界大会終了後、突如来襲したギリシアJr.(十二神)に対抗すべく結成された世界選抜チーム。日本Jr.の5人に、影道一族の総帥、ドイツJr.のスコルピ...

登場作品

山口県の貧しい家庭に生まれ育った高嶺竜児は、ボクシングセンスに恵まれた姉菊をトレーナーに、日々のトレーニングに励んでいた。それは亡き父のボクシング世界チャンピオンになるという夢を実現させ、苦労をしてい...