香取 石松

リングにかけろ1(テレビアニメ)の登場人物。読みは「かとり いしまつ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
リングにかけろ1(テレビアニメ)
正式名称
香取 石松
ふりがな
かとり いしまつ

総合スレッド

香取 石松(リングにかけろ1)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

『リングにかけろ1』の登場人物で中学1年生。顔の左側にある大きな傷跡が特徴。ボクサーとしては小柄な体格ながら、千葉県代表としてチャンピオンカーニバルに出場する。性格は激情家で血気盛んな熱血漢だが、人情家で友情に厚い。

主人公高嶺竜児ともすぐに打ち解け、また高嶺菊には一目惚れしている。ケンカ好きからボクシングを始めただけあり、その戦法はトリッキーで変則的なスタイルを得意とする。

「ケンカ・チャンピオン」の異名を持つ。

登場人物・キャラクター

主人公高嶺竜児の実の姉。ボクシングのセンスやテクニックなど、才能は高嶺竜児以上のものを持っている。亡き父が目指した世界チャンピオンへの夢を実現させるため、幼い頃から高嶺竜児にボクシングを仕込み、その成...
『リングにかけろ1』の主人公で中学1年生。優しく気弱な性格で、少年時代はボクシングを好きではなかったが、姉である高嶺菊のトレーニングと、ライバルである剣崎順との出会いを経て、徐々にボクシングを好きにな...

登場作品

中学生ボクシング大会の都大会の決勝戦、主人公高嶺竜児は永遠のライバルである剣崎順と決勝戦を闘い、惜しくも敗北して準優勝となる。しかし、負傷欠場となった剣崎順の推薦により、日本全国のチャンピオンが一堂に...